<track id="mr4b0"></track>
    返回首页
    当前位置: 首页 »日语阅读 » 日本名家名篇 » 夏目漱石 » 正文

    虞美人草 六 (8)

    时间: 2021-03-29    进入日语论坛
    核心提示:「それじゃ、その続をあなたに話して見ましょうか」 人を呪(のろ)わば穴二つと云う。小野さんは是非共ええと答えなければならぬ
    (单词翻译:双击或拖选)

    「それじゃ、その続をあなたに話して見ましょうか」
     人を(のろ)わば穴二つと云う。小野さんは是非共ええと答えなければならぬ。
    「ええ」
    「二階の下に飛石が三つばかり筋違(すじかい)に見えて、その先に井桁(いげた)があって、小米桜(こごめざくら)()れ擦れに咲いていて、釣瓶(つるべ)が触るとほろほろ、井戸の中へこぼれそうなんです。……」
     糸子は黙って聴いている。小野さんも黙って聴いている。花曇りの空がだんだん()り落ちて来る。重い雲がかさなり合って、弥生(やよい)をどんよりと抑えつける。昼はしだいに暗くなる。戸袋を五尺離れて、袖垣(そでがき)のはずれに幣辛夷(してこぶし)の花が怪しい色を(なら)べて立っている。木立に()かしてよく見ると、折々は二筋、三筋雨の糸が途切れ途切れに(うつ)る。斜めにすうと見えたかと思うと、はや消える。空の中から降るとは受け取れぬ、地の上に落つるとはなおさら思えぬ。糸の命はわずかに尺余りである。
     居は気を移す。藤尾の想像は空と共に(こまや)かになる。
    「小米桜を二階の欄干(てすり)から御覧になった事があって」と云う。
    「まだ、ありません」
    「雨の降る日に。――おや少し降って来たようですね」と庭の方を見る。空はなおさら暗くなる。
    「それからね。――小米桜の(うし)ろは建仁寺の垣根で、垣根の向うで琴の()がするんです」
     琴はいよいよ出て来た。糸子はなるほどと思う。小野さんはこれはと思う。
    「二階の欄干から、見下すと隣家(となり)の庭がすっかり見えるんです。――ついでにその庭の作りも話しましょうか。ホホホホ」と藤尾は高く笑った。冷たい糸が辛夷の花をきらりと(かす)める。
    「ホホホホ御厭(おいや)なの――何だか暗くなって来た事。花曇りが()け出しそうね」
     そこまで近寄って来た暗い雲は、そろそろ細い糸に変化する。すいと木立を横ぎった、あとから(すぐ)すいと追懸(おいか)けて来る。見ているうちにすいすいと幾本もいっしょに通って行く。雨はようやく繁くなる。
    「おや本降(ほんぶり)になりそうだ事」
    (わたし)失礼するわ、降って来たから。御話し中で失礼だけれども。大変面白かったわ」
     糸子は立ち上がる。話しは春雨と共に(くず)れた。

    轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
    顶一下
    (0)
    0%
    踩一下
    (0)
    0%

    热门TAG:
    [查看全部]  相关评论
    日本爽快片100色毛片,videosgratisv欧美高清,免费观看亚洲人成网站,中文字幕大看蕉在线观看 网站地图