<track id="mr4b0"></track>
    返回首页
    当前位置: 首页 »日语阅读 » 日本名家名篇 » 夏目漱石 » 正文

    虞美人草 六 (6)

    时间: 2021-03-29    进入日语论坛
    核心提示:「三条ですか。三条の蔦屋と。そうですね、有ったようにも覚えていますが」「それじゃ、そんな有名な旅屋(はたごや)じゃないんで
    (单词翻译:双击或拖选)
    「三条ですか。三条の蔦屋と。そうですね、有ったようにも覚えていますが……」
    「それじゃ、そんな有名な旅屋(はたごや)じゃないんですね」と糸子は無邪気に小野さんの顔を見る。
    「ええ」と小野さんは切なそうに答えた。今度は藤尾の番となる。
    「有名でなくったって、好いじゃありませんか。裏座敷で琴が(きこ)えて――もっとも兄と一さんじゃ駄目ね。小野さんなら、きっと御気に入るでしょう。春雨がしとしと降ってる静かな日に、宿の隣家(おとなり)で美人が琴を()いてるのを、気楽に寝転(ねころ)んで聴いているのは、詩的でいいじゃありませんか」
     小野さんはいつになく黙っている。眼さえ、藤尾の方へは向けないで、(とこ)の山吹を無意味に(なが)めている。
    「好いわね」と糸子が代理に答える。
     詩を知らぬ人が、趣味の問題に立ち入る権利はない。家庭的の女子からいいわねぐらいの賛成を求めて満足するくらいなら始めから、春雨も、奥座敷も、琴の()も、口に出さぬところであった。藤尾は不平である。
    「想像すると面白い()が出来ますよ。どんな所としたらいいでしょう」
     家庭的の女子には、なぜこんな質問が出てくるのか、とんとその意を()しかねる。()らぬ事と黙って(ひか)えているより仕方がない。小野さんは是非共口を開かねばならぬ。
    「あなたは、どんな所がいいと思います」
    「私? 私はね、そうね――裏二階がいいわ――(まわ)(えん)で、加茂川がすこし見えて――三条から加茂川が見えても好いんでしょう」
    「ええ、所によれば見えます」
    「加茂川の岸には柳がありますか」
    「ええ、あります」
    「その柳が、遠くに(けむ)るように見えるんです。その上に東山が――東山でしたね奇麗な(まある)い山は――あの山が、青い御供(おそなえ)のように、こんもりと(かす)んでるんです。そうして霞のなかに、薄く五重の塔が――あの塔の名は何と云いますか」
    「どの塔です」
    「どの塔って、東山の右の角に見えるじゃありませんか」
    「ちょっと覚えませんね」と小野さんは首を(かた)げる。
    「有るんです、きっとあります」と藤尾が云う。
    「だって琴は隣りよ、あなた」と糸子が口を出す。
     女詩人(じょしじん)の空想はこの一句で破れた。家庭的の女は美くしい世をぶち壊しに生れて来たも同様である。藤尾は少しく眉を寄せる。

    轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
    顶一下
    (0)
    0%
    踩一下
    (0)
    0%

    热门TAG:
    [查看全部]  相关评论
    日本爽快片100色毛片,videosgratisv欧美高清,免费观看亚洲人成网站,中文字幕大看蕉在线观看 网站地图