<track id="mr4b0"></track>
    返回首页
    当前位置: 首页 »日语阅读 » 日本名家名篇 » 夏目漱石 » 正文

    虞美人草 六 (5)

    时间: 2021-03-29    进入日语论坛
    核心提示:「それから、まだ書いてあるんですよ」「無精(ぶしょう)に似合わない事ね。何と」「隣家(となり)の琴は御前より旨(うま)いって」
    (单词翻译:双击或拖选)
    「それから、まだ書いてあるんですよ」
    無精(ぶしょう)に似合わない事ね。何と」
    隣家(となり)の琴は御前より(うま)いって」
    「ホホホ一さんに琴の批評は出来そうもありませんね」
    「私にあてつけたんでしょう。琴がまずいから」
    「ハハハハ宗近君もだいぶ人の悪い事をしますね」
    「しかも、御前より別嬪(べっぴん)だと書いてあるんです。にくらしいわね」
    「一さんは何でも露骨なんですよ。私なんぞも一さんに()っちゃ(かな)わない」
    「でも、あなたの事は()めてありますよ」
    「おや、何と」
    「御前より別嬪(べっぴん)だ、しかし藤尾さんより悪いって」
    「まあ、いやだ事」
     藤尾は得意と軽侮の念を(まじ)えたる眼を輝かして、すらりと首を(うし)ろに引く。(たてがみ)に比すべきものの波を起すばかりに見えたるなかに、玉虫貝の(すみれ)のみが星のごとく可憐(かれん)の光を放つ。
     小野さんの眼と藤尾の眼はこの時再び合った。糸子には意味が通ぜぬ。
    「小野さん三条(さんじょう)蔦屋(つたや)と云う宿屋がござんすか」
     底知れぬ黒き眼のなかに我を忘れて、(すが)る未来に全く吸い込まれたる人は、刹那(せつな)戸板返(といたがえ)しにずどんと過去へ落ちた。
     追い懸けて来る過去を()がるるは雲紫(くもむらさき)に立ち(のぼ)袖香炉(そでこうろ)(けぶ)る影に、縹緲(ひょうびょう)の楽しみをこれぞと見極(みきわ)むるひまもなく、(むさ)ぼると云う名さえつけがたき、眼と眼のひたと行き逢いたる一拶(いっさつ)に、結ばぬ夢は()めて、(さか)まに、われは過去に向って投げ返される。草間蛇(そうかんだ)あり、容易に(せい)を踏む事を許さずとある。
    蔦屋(つたや)がどうかしたの」と藤尾は糸子に向う。
    「なにその蔦屋にね、欽吾さんと兄さんが宿(とま)ってるんですって。だから、どんな(とこ)かと思って、小野さんに伺って見たんです」
    「小野さん知っていらしって」

    轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
    顶一下
    (0)
    0%
    踩一下
    (0)
    0%

    热门TAG:
    [查看全部]  相关评论
    日本爽快片100色毛片,videosgratisv欧美高清,免费观看亚洲人成网站,中文字幕大看蕉在线观看 网站地图