<track id="mr4b0"></track>
    返回首页
    当前位置: 首页 »日语阅读 » 日本名家名篇 » 夏目漱石 » 正文

    虞美人草 六 (4)

    时间: 2021-03-29    进入日语论坛
    核心提示: 唇の動く間から前歯の角(かど)を彩(いろ)どる金の筋がすっと外界に映(うつ)る。敵は首尾よくわが術中に陥(おちい)った。藤尾は
    (单词翻译:双击或拖选)
     唇の動く間から前歯の(かど)(いろ)どる金の筋がすっと外界に(うつ)る。敵は首尾よくわが術中に(おちい)った。藤尾は第二の凱歌を揚げる。
    「まだ京都から御音信(おたより)はないですか」と今度は小野さんが聞き出した。
    「いいえ」
    「だって端書(はがき)ぐらい来そうなものですね」
    「でも鉄砲玉だって云うじゃありませんか」
    「だれがです」
    「ほら、この間、母がそう云ったでしょう。二人共鉄砲玉だって――糸子さん、ことに宗近は大の鉄砲玉ですとさ」
    「だれが? 御叔母(おば)さんが? 鉄砲玉でたくさんよ。だから早く御嫁を持たしてしまわないとどこへ飛んで行くか、心配でいけないんです」
    「早く貰って御上げなさいよ。ねえ、小野さん。二人で好いのを見つけて上げようじゃありませんか」
     藤尾は意味有り気に小野さんを見た。小野さんの眼と、藤尾の眼が行き当ってぶるぶると(ふる)える。
    「ええ好いのを一人周旋しましょう」と小野さんは、手巾(ハンケチ)を出して、薄い口髭(くちひげ)をちょっと()でる。(かす)かな(におい)がぷんとする。強いのは下品だと云う。
    「京都にはだいぶ御知合があるでしょう。京都の(かた)(はじめ)さんに御世話なさいよ。京都には美人が多いそうじゃありませんか」
     小野さんの手巾はちょっと(いきおい)を失った。
    「なに実際美しくはないんです。――帰ったら甲野君に聞いて見ると分ります」
    「兄がそんな話をするものですか」
    「それじゃ宗近君に」
    「兄は大変美人が多いと申しておりますよ」
    「宗近君は前にも京都へいらしった事があるんですか」
    「いいえ、今度が始めてですけれども、手紙をくれまして」
    「おや、それじゃ鉄砲玉じゃないのね。手紙が来たの」
    「なに端書よ。都踊の端書をよこして、そのはじに京都の女はみんな奇麗(きれい)だと書いてあるのよ」
    「そう。そんなに奇麗なの」
    「何だか白い顔がたくさん並んでてちっとも分らないわ。ただ見たら好いかも知れないけれども」
    「ただ見ても白い顔が並んどるばかりです。奇麗は奇麗ですけれども、表情がなくって、あまり面白くはないです」

    轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
    顶一下
    (0)
    0%
    踩一下
    (0)
    0%

    热门TAG:
    [查看全部]  相关评论
    日本爽快片100色毛片,videosgratisv欧美高清,免费观看亚洲人成网站,中文字幕大看蕉在线观看 网站地图