<track id="mr4b0"></track>
    返回首页
    当前位置: 首页 »日语阅读 » 日本名家名篇 » 夏目漱石 » 正文

    虞美人草 六 (3)

    时间: 2021-03-29    进入日语论坛
    核心提示: ところへ小野さんが来る。小野さんは過去に追い懸(か)けられて、下宿の部屋のなかをぐるぐると廻った。何度廻っても逃げ延びら
    (单词翻译:双击或拖选)
     ところへ小野さんが来る。小野さんは過去に追い()けられて、下宿の部屋のなかをぐるぐると廻った。何度廻っても逃げ延びられそうもない時、過去の友達に逢って、過去と現在との調停を試みた。調停は出来たような、出来ないような訳で、自己は依然として不安の状態にある。度胸を据えて、追っ懸けてくるものを()(つかま)える勇気は無論ない。小野さんはやむを得ず、未来を望んで()け込んで来た。袞竜(こんりょう)の袖に隠れると云う(ことわざ)がある。小野さんは未来の袖に隠れようとする。
     小野さんは蹌々踉々(そうそうろうろう)として来た。ただ蹌々踉々の意味を説明しがたいのが残念である。
    「どうか、なすったの」と藤尾が聞いた。小野さんは心配の上に()せる従容(しょうよう)の紋付を、まだ(あつら)えていない。二十世紀の人は皆この紋付(もんつき)を二三着ずつ用意すべしと先の哲学者が述べた事がある。
    「大変御顔の色が悪い事ね」と糸子が云った。便(たよ)る未来が(ほこ)(さかし)まにして、過去をほじり出そうとするのは(なさ)けない。
    「二三日寝られないんです」
    「そう」と藤尾が云う。
    「どう、なすって」と糸子が聞く。
    「近頃論文を書いていらっしゃるの。――ねえそれででしょう」と藤尾が答弁と質問を兼ねた言葉使いをする。
    「ええ」と小野さんは渡りに舟の返事をした。小野さんは、どんな舟でも御乗んなさいと云われれば、乗らずにはいられない。大抵(たいてい)(うそ)渡頭(ととう)の舟である。あるから乗る。
    「そう」と糸子は軽く答える。いかなる論文を書こうと家庭的の女子は関係しない。家庭的の女子はただ顔色の悪いところだけが気にかかる。
    「卒業なすっても御忙いのね」
    「卒業して銀時計を御頂きになったから、これから論文で金時計を御取りになるんですよ」
    「結構ね」
    「ねえ、そうでしょう。ねえ、小野さん」
     小野さんは微笑した。
    「それじゃ、兄やこちらの欽吾(きんご)さんといっしょに京都へ遊びにいらっしゃらないはずね。――兄なんぞはそりゃ呑気(のんき)よ。少し寝られなくなればいいと思うわ」
    「ホホホホそれでも(うち)の兄より好いでしょう」
    「欽吾さんの方がいくら好いか分かりゃしない」と糸子さんは、半分無意識に言って退()けたが、急に気がついて、羽二重(はぶたえ)手巾(ハンケチ)を膝の上でくちゃくちゃに丸めた。
    「ホホホホ」

    轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
    顶一下
    (0)
    0%
    踩一下
    (0)
    0%

    热门TAG:
    [查看全部]  相关评论
    日本爽快片100色毛片,videosgratisv欧美高清,免费观看亚洲人成网站,中文字幕大看蕉在线观看 网站地图